京大卒・元経営コンサルの人生を豊かにするブログ

Work Life MakiMaki

キャンプ

バーベキュー(BBQ)の火の起こし方・付け方【完全解説】

今度、バーベキュー(BBQ)をするのですが、ちゃんと火をつけられるか不安です。
初心者でもできる。火起こしの手順を教えて欲しいなぁ

この記事では、こんな不安を解決します。

 

バーベキューのときに、火起こしに手間取ってしまった経験はありませんか?

なかなか炭に火がつかないと、お腹も空いてきて、雰囲気わるくなりますよね😅

 

実は、手順さえ守れば、木炭の火起こしはとても簡単です!

この記事では、BBQで誰でも確実に火起こしができる火の付け方の手順を解説します。

 

この記事はこんな方におすすめです!

  • 炭に自分で火をつけることになるかもしれない人
  • 手際良く炭に火をつけられるかどうか不安な人
  • 炭に火をつけられず恥をかきたくない人

 

記事の信頼性

私はBBQ好きで、毎年10回以上炭火でバーベキューを行います。
この記事の方法で”確実に”炭に火を付けていますが、一度も失敗したことはありませんし、今後も失敗することはありません。

 

以下の順番に説明していきます。

  1. サクッと前提知識【超重要】
  2. 炭の火起こし手順 5ステップ

※とくに初心者の方は、めんどくさがることなく「1. サクッと前提知識【超重要】」を読んでください。
知っている人には当たり前のことですが、これらを知っているか知らないかで、全然違ってきますので。

 

 

1. サクッと前提知識【超重要】

バーベキュー 炭に火をつける 方法 やり方

炭が燃えるには”一定時間高温にさらす”必要がある

通常の木炭は、紙や木のように、火に当てればすぐに燃えるというものではありません。

少なくとも5分程度は炎にさらすことで初めて着火していきます。(着火のしやすさは炭の種類と状態に依る)

時々、新聞紙や段ボールをそのまま燃やしてその炎で木炭に着火しようとしている人がいますが、そんな数秒から数十秒の炎では木炭に火がつくことはありません。

新聞紙や枝などを燃やすことでで木炭に火をつけることは可能ですが、少し難しいです。
初心者の方は着火剤を使って確実に炭に火をつけましょう

さらに詳しく

備長炭のような高級な炭を使う場合、安価な炭とは違い本当になかなか火がつきません。
その場合は、まず安価な炭に着火し、その着火した炭の上に後から備長炭を置くようにしてください。
初めから備長炭に火をつけようとすると、もっと工夫と時間が必要になります。

 

炎は”上”のものを加熱する(=”下”のものはほとんど加熱されない)

着火剤をつかって、炎を起こそうとするところまではいいのですが、直接炭に着火液を塗って燃やしても、着火剤が塗られた炭に火がつくことはありません。

初心者がよくやりがちであり、かつ、長時間繰り返して大きなタイムロスになりやすい致命的なミスです。

そのため、着火剤は液体であろうが固体であろうが、火をつけた後にその上部を複数の炭が覆う形に配置してあげる必要があります

炭で隠れてしまうと火をつけにくいので、まず着火剤に火をつけてから、トングでその上に炭を配置しましょう!(詳細手順は後述)

この際に炭同士にある程度の”隙間”ができるよう、炭同士の配置に注意してください。

隙間がなければ酸素が十分に供給されず、火がつきません。

 

炭は小さく薄いものから先に、場所を固めて着火する

バーベキュー 炭に火をつける 方法 やり方

大きい木炭よりも小さい(薄い)木炭の方が早く着火します

そのため、火のついた着火剤の近くにはで小さい炭をあつめるようにしてください。

初めから熱源(着火剤)の場所以外から離れたところに炭を置いていても、そこに火がつくことはありません。

大きな炭は、小さな炭が着火してから少しずつ上に置くようにしていきます。

 

着火剤が燃えているうちは、うちわで扇ぎすぎない

着火剤から炎がでて、それにより直接木炭が加熱されている状態をしばらく(5分くらい)放置してください。

すでに炎が上がっているので、このタイミングで過剰に酸素を送る必要はないです。

むしろ、あまり強く仰ぐと、せっかく木炭を加熱してくれている炎が消えてしまうリスクがあります

着火剤の炎が弱まってきて、木炭の一部に確実に火が移ったと判断したら、うちわで風をおくるとよいでしょう。

 

炭の着火の合図は「炎」ではなく「色」

バーベキュー 炭に火をつける 方法 やり方

炭に火がついたかどうかは、炭の色で判断します。

炭は基本的には炎をあげて燃えるものではありませんので、炭が白っぽくなってきている部分が着火している部分になります。

着火した炭は、夜であれば、その部分がほんのり赤く光るため判別できます。

昼間はこの赤い光を目視できない(太陽光に対して弱すぎる)ので、炭の色や軽く手をかざした温度で着火の有無を判断していきます。

 

炭に火をつけるために必要なもの6つ

以下のものが必要になります。

慣れている人は、これらの一部があればできると思いますが、初心者はすべて事前に購入するなどでしてそろえましょう。

  1. 木炭
  2. チャッカマン(ライターまたはマッチ)
  3. 着火剤
  4. うちわ(扇子)
  5. 軍手
  6. 炭用トング

では順番にみていきます。

 

1. 木炭

これに火をつけるので、当然必要ですね。

 

2. チャッカマン(ライターまたはマッチ)

着火剤に火をつけるためのものです。

ライターよりもチャッカマンのほうが断然使いやすいです。

なぜなら、基本は下あるものに火をつけるため、その場合ライターだと指を火傷してしまいがちだからです。(炎は上を向くので)

マッチでもいいですが、風が強い日の場合は火を消さずに着火剤に火を渡すことが難しくなりがちです。

 

3. 着火剤

炭を炎で加熱し、着火させるための材料です。

時々、初心者のなかには「着火剤がなくても炭には簡単に火がつく」と思っている人がいますが、炭とはそういうものではありません。

初心者であれば、かならず着火剤を購入するようにしましょう。

固形のものに比べると、液状の着火剤は燃焼時間が短く、かつ、扱いを間違えると事故につながりやすいかなぁと私は思います。

そのため、私は固形の着火剤をおすすめしますが、どちらでも大差ありません。

<固形> ★こちらの方が使いやすいです

<液体>

 

4. うちわ

火種(ひだね)に風を送り十分な酸素を供給することで炭の燃焼をうながすためです。

狙ったところに風を送ることができれば、扇子や携帯扇風機でも問題ありません

 

5. 軍手

炭を適切な大きさに砕いたり、炭を箱から取り出したり、移動させたりするとき、素手で行うと真っ黒に汚れてしまいます。

これを防ぐための軍手ですが。

熱い炭を触る場合、ゴム付きのものだとゴムが溶ける可能性があるので注意しましょう。

 

6. 炭用トング

炭に火が付いたあとは、炭を崩して全体に均等に火力が行き届くよう、”炭の配置換え”が必要になります。

この時、炭はもう相当熱いので、炭用トングが必要になります。

一応リンクを貼っておきますが、金属のトングであれば100均のもので十分です。

 

2. 炭の火起こし手順 5ステップ

バーベキュー 炭に火をつける 方法 やり方

MakiMaki

着火剤を用いて、炭に火をつける手順を紹介します。
バシッと火をつけちゃってください!!

簡単な流れ

  • コンロの下側に着火剤を配置する(1分)
  • 着火剤を囲うように炭を配置する(1分)
  • 着火剤に点火し、しばらく見守る(10分)
  • 炭に火が移ってきたら、強めに風を送る(10分)
  • 炭に完全に着火したことを確認し、炭を均等に配置する(1分)

では順番に説明していきます!

 

Step.1 コンロの下側に着火剤を配置する(1分)

バーベキュー 炭に火をつける 方法 やり方

着火剤をBBQコンロの底面の網の上においてください。

液状の着火剤を使う場合は、拾ってきた木材や薄い木炭の上に着火剤をたっぷり塗り、同じように置いてください。

ポイント

着火剤同士はほぼ中央に集めるように置いてしまってOKです。
(間隔はあけても数ミリ程度)

 

Step.2 着火剤を囲うように炭を配置する(1分)

バーベキュー 炭に火をつける 方法 やり方

着火剤の上部とその周りに小さめ(薄め)の炭を立てるようにして配置していきましょう。

この際、あとでチャッカマンで火をつけることを考えて、その隙間は用意しておいて下さい。

先に着火剤に火をつけてから、トングで炭を配置してもOKです!

ポイント

大きな炭ではなく小さめの炭を配置して下さい。
上から見たらほとんど着火剤が見えないくらいに覆ってしまってOKです。

 

Step.3 着火剤に点火し、しばらく見守る(10分)

バーベキュー 炭に火をつける 方法 やり方

チャッカマンを使って着火剤に火をつけて下さい。

炎が着火剤から上がるので、その間は特に何もしなくていいです。

パチパチという音を楽しみながら、友人と談笑などするのもよいでしょう。

ポイント

着火剤に着火して5分くらいは風を送ったりする必要もありません。

 

Step.4 炭に火が移ってきたら、強めに風を送る(10分)

バーベキュー 炭に火をつける 方法 やり方

確実にいくつかの炭に火が移ったと判断したら、炭の下側から空気を送るイメージで、コンロの側面からうちわであおいでください。

そうすることで完全に火が移っていきますので、その後、様々な角度から空気を送ってみてください。

ポイント

空気の流れをイメージして、内部に効率的に酸素を送ってみてください。
うちわがなければ、人力で「フー!!」と吐息でもできます。(すこし大変です 笑)

 

Step.5 炭に完全に着火したことを確認し、炭を均等に配置する(10分)

バーベキュー 炭に火をつける 方法 やり方

炭火用トングで火のついた炭を全体にならして、さらに炭を1〜2割追加してあげてください。

追加された炭は勝手に着火されていきます。
(もちろん、火力や状況に応じて炭火のメンテナンスは必要)

炭の温度が適切かどうかは、手を使って調べる「ミシシッピテスト」というやり方がありますが、初めのうちは肉を焼いて直接確かめればいいと思います。

あとは上部に焼き網を乗せて、食材を焼いて食べるだけ!!

さらに詳しく

炭火の火力を下げたいときの調整方法

(1)熱い炭の集中している箇所を崩して、ならす
(2)熱い炭たちをまだ火のついていない炭でおおう
(3)炭をいくつか別のところに移す(減らす)

炭火の火力を上げたいときの調整方法
(1)火がついている炭の2割程度の炭を上から追加し、空気を3分ほど送る

 

まとめ

もう一度、炭の火のつけかたの手順をおさらいします。

簡単な流れ

  • コンロの下側に着火剤を配置する(1分)
  • 着火剤を囲うように炭を配置する(1分)
  • 着火剤に点火し、しばらく見守る(10分)
  • 炭に火が移ってきたら、強めに風を送る(10分)
  • 炭に完全に着火したことを確認し、炭を均等に配置する(1分)

もう簡単ですよね。

これで、あなたも一発で炭に火をつけ、バーベキューでは大活躍できること間違いなしです!

是非是非楽しんでくださいね!

BBQ初心者の方には以下の記事も参考になるかと思います。最高の思い出を作って下さい!

バーベキュー(BBQ)の”超”簡単メニューをご紹介!【レシピ解説】
バーベキュー(BBQ)の”超”簡単メニューをご紹介!【レシピ解説】

Noah 友人とBBQをしてみたいけれど、ただ肉と野菜を焼くだけではちょっとさみしいかも。 でも、あまり慣れていなくて何を作ったらいいやら、、、 友人とBBQなんて、いいですね! 初心者がいきなり手の ...

続きを見る

キャンプ・BBQ 食材リスト
キャンプ・BBQの基本食材リスト完全版【初心者向け】

はじめてキャンプをしようと思っていますが、キャンプで食べる食材の買い出しでは何を買えばいいでしょうか? あとで、あれを買っておけば、、、という食材や調味料の買い忘れ(準備漏れ)が怖いです。 この記事で ...

続きを見る

バーベキューの差し入れはこれで決まり!喜ばれる手土産5選!【おすすめ】

知り合い同士でバーベキューに行くことになりました。 差し入れとして、なにかを持って行きたいのですが、あまり経験がないので何がいいのかわかりません。 いいですね。どうせなら、その場にあったものを持ってい ...

続きを見る

 

 

おまけ:おすすめのバーベキューコンロ(少人数用)

MakiMaki
少人数でバーベキューをやる方に、持ち運びも楽で耐久性も抜群の「尾上製作所」のコンロを紹介させてください。

とても良い製品で、すでに何十回も使っていますが、まだ全然使えます!!
この製品が好きすぎて、私は二つ持っています。笑

しかもサイズ感も2人でやるにはちょうどいいんですよ。

 

 

-キャンプ

Copyright© Work Life MakiMaki , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.