京大卒・元経営コンサルの人生を豊かにするブログ

Work Life MakiMaki

英語

ホテルで使う英語フレーズ解説【会話イメージで解説】

海外旅行に行くのですが、ホテルで英語を使って会話するのが不安です。

こんな悩みを解消します。

 

 

記事の信頼性

当記事の筆者はTOEIC L&R 875 点を保持し、2年以上の海外勤務経験があります。
当記事のフレーズは海外のホテルにて、私が聴き・話してきた内容です。

内容を参考にしています。

 

結論、本記事で紹介する表現を覚えておけば、大体乗り切れます

せっかく海外旅行にいっても、ホテルでコミュニケーションが取れず、失敗してしまうとテンション下がりますよね。

サラッと英語で対応できたら、旅行もスムースですし、なによりカッコいいですよね

 

そこで、今回は、ホテルで使う定番表現と実際の会話イメージを合わせて紹介します。

本記事を参考にすれば、海外旅行のホテルで問題なくスタッフと会話できますよ!

ホテルで使う英語フレーズ

  • チェックイン時の英語フレーズ
    • I'd like to check in.
    • How can I get ~?
    • Where can I ~ ?
  • 部屋に入室後の英語フレーズ
    • Could you please bring me ~?
    • How can I use ~ ?
  • その他の場面での英語フレーズ
    • Do you accept this card?
    • Is it possible to extend my stay?

では、順番に解説していきます。

 

ホテルで使える英語フレーズ
チェックイン時の英語フレーズ

 

I'd like to check in. / チェックインをしたいです。

フロントで初めにチェックインをする意図を伝える表現

おそらく、受付係(Receptionist)が「How can I help you?」(いらっしゃいませ 的な)  と言ってくるので、そこで

Hello, I'd like to check in. (こんにちは。チェックインさせてください。)

のように伝えればOK。

I want to check in. でも十分通じますし、問題ないですが、I'd like to 〜の方が少し丁寧です。

 

How can I ~ ? / どうすれば〜できますか?
Where can I ~ ? / どこで〜できますか?

チェックインのついでに、ホテルの周辺情報など、簡単な質問をしたい場合に使うフレーズ

よく使う例としては、以下のような

How can I get Ayutthaya from here?  (ここからアユタヤにはどのようにして行けますか?)

Where can I get a taxi? (どこでタクシーを捕まえられますか?)

Where can I find a SIM card around here? (この辺りでは、どこでSIMカードが売っていますか?)

 

実際の会話イメージ

前置き

登場人物

  • Noah : ホテルの受付担当者
  • MakiMaki:ホテルの利用客

 

Good evening. How can I help you?
Noah
MakiMaki
Good evening. I'd like to check in.
May I have your name, please?
Noah
MakiMaki
My name is MakiMaki.
Thank you. Let me check first.
... Your're going to stay 2 nights in a single room. Is this correct?
Noah
MakiMaki
Yes. Correct.
Could you please allow me copy your passport? 
Noah
MakiMaki
Sure. Here it is.
Thank you very much. Your room number is 301. It's smoking room.
Noah
MakiMaki
Perfect. Where can I have breakfast tomorrow?
You can take breakfast at the restaurant on the 2nd floor.
It's open from 8:00 to 9:30.
Noah

大まかなが慣れはこんな感じになるはず。

 

ホテルで使える英語フレーズ
部屋に入室後の英語フレーズ

 

Could you please bring me ~? / ~を持ってきていただけますか?

部屋に入って、アメニティーや設備が足りない時に電話などで、追加してもらうときに使うフレーズです。

ちなみ私はいつもハンガーを5つくらい追加でもってきてもらいます。笑

フロントに電話して、以下のように

Could you please bring me 5 more hangers?
(ハンガーを5つ追加で持ってきてもらえますか?)

と言いますね。

 

How can I use ~ ? / ~はどう使うのでしょうか?

部屋に置いてあるものの使い方がわからない時に、使うフレーズです。

例えば、どうやってもテレビが見れなかったりすることが結構あります。

そんなときは、

How can I watch TV?  I wanna know how to turn it on.
(テレビはどうやったらみれるのでしょうか?電源の入れ方を知りたいです。)

また、例えば、ドライヤーの使い方がわからない場合は

How can I use hair dryer?
(ドライヤーはどうやって使うのですか?)

といった感じですね。

英語で説明されてもわからない場合、スタッフを部屋に送り込んでくれる可能性が高いです。笑

 

実際の会話イメージ

前置き

登場人物

  • Noah : ホテルのフロント (電話の相手)
  • MakiMaki:ホテルの利用客

 

Hello, Mr.MakiMaki. May I help you?
Noah
MakiMaki
Could you please bring me one more pillow? It's too small for me.
OK, we will bring another pillow to your room. Any other requests?
Noah
MakiMaki
Thank you so much. Ah.. how can I use the laundry machine?
One of our staff will help you in your room later.
Please wait a minute.
Noah
MakiMaki
Thank you.

 

ホテルで使える英語フレーズ
その他の場面での英語フレーズ

その他のタイミングでよく使うフレーズをいくつか紹介します。

Do you accept this card? / このカード使えますか?

チェックイン時や、チェックアウトの追加生産時に支払いを要求されます。

その際に、手持ちのクレジットカードが使えるかを確認するフレーズです。

 

Is it possible to extend my stay until for two more nights? / 2晩分の宿泊を延長することは可能でしょうか?

延泊を申し出るときのフレーズですね。

これを聞けば、可能かどうかと、その場合の料金も一緒に教えてくれるでしょう。

 

まとめ

海外に行くと、まず初めにしっかりとコミュニケーションをとるのがホテルですよね。

本記事で書いた内容を参考に、サラッとホテルスタッフとやりとりして、海外旅行や出張をスムーズにすすめましょう。

時間に余裕があれば、オンライン英会話を利用して、講師を相手にロールプレイで練習したほうがいいです。

実際、私はオンライン英会話をそのように利用していました。
コスパが最高と評判の、DMM英会話で十分ですよ。

\ 今なら初月の契約料金が半額【期間限定】 /

 

また、短期間でどうしても英会話を習得したい人は、プログリットに頼るのもありです。

以下の記事でプログリットのメリット・デメリットを詳しく解説しましたので、ご興味あれば。

以上、MakiMakiでした!

 

英語学習者に役立つかもしれない関連記事のご紹介

⬇️プレゼンで使える英語フレーズ(始め方・終わり方)


英語でプレゼンの締め・終わり方のフレーズまとめ【初心者向けシンプルフレーズ】
英語でプレゼンの締め・終わり方のフレーズまとめ【初心者向けシンプルフレーズ】

今度、英語でプレゼンテーションをやることになりました。 ただ、あまり経験がないので、英語でのプレゼンの終わり方・締め方がよく分かっていません。 こんな不安を解消します。   プレゼンテーショ ...

続きを見る

⬇️英会話学習のメリットってどんなもん?

⬇️海外駐在に必要な最低限の英語力は?

⬇️通勤時間・通学時間を英語学習に有効活用する具体的な方法

⬇️勉強のモチベーションをキープするには、やり方がある!

-英語

Copyright© Work Life MakiMaki , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.