京大卒・元経営コンサルの人生を豊かにするブログ

Work Life MakiMaki

タイ

【2020年】バンコクにて有名ラーメン店「麺屋一橙」に並ばずして食す【美味しい】

MakiMaki

バンコクでラーメンに飢えている皆様、バンコクにはもうかなり色々なラーメン屋が日本から出店してきていますよね。

今回はその中でも最も美味しいラーメンの1つと言ってもいい「麺屋一橙」さんをご紹介します!

バンコクであの有名なラーメンの味が楽しめるのは、よいことです!!

ココがポイント

麺屋一橙さんは東京都葛飾区の新小岩に本店を構える。伝説のラーメン屋です

某グルメサイトでラーメン部門にて日本一に輝いた経歴のある、実力派ラーメンです

ホームページはこちら

「麺屋一橙@バンコク」の場所は?

場所はバンコクの中心街、BTSチットロム駅から歩いてすぐのエラワンバンコクという商業施設の1Fにあります。(日本人感覚的には地下1階)

BTSから行く場合はスカイウォークからそのまま繋がっているので、コムデギャルソンが入っている階から2つ下の階に下がればあります。
地上から行く場合は写真の地上からの中央階段のすぐ左の入り口から入ると、すぐ左手が「麺屋一橙」です。

お店の入り口はこんな感じでした!

「麺屋一橙@バンコク」のメニュー・味は?

メニュー

メニュー表は以下の通りで、
私は初めて入ったので有名な「チャーシュー 一橙つけ麺」(350バーツ)「餃子」(90バーツ)を注文しました。
あと、ドリンクのミネラルウォーター(25バーツ)も。

実際に食べてみた感想

こちらが実際に注文して出てきたラーメンです。

う、う、美味いっっ!!これ、めちゃくちゃ美味いぞ!(笑)

まず、麺がもちっとしていてちょうどいい固さな上に濃厚な魚介出汁に麺がとてもよくからんで、もうお箸が止まりませんでした。。
正直にいうと、ラーメンにおいて「つけ麺は邪道だ」派閥に属する私ですが、このつけ麺はいままで食べたどのつけ麺よりも美味しく頂けました。
スープは冷めにくいようにかなり熱々で出てきました!

あと、麺の上に乗っているチャーシューも本当に本当に美味しいです。
これだけ出てきて、ワインがあれば1時間くらいは飲める気がする。マジで。

そして、この写真だとちょうど隠れて見えない位置に「海老の辛み」という調味料がついてきていたので、後半1/3くらいになった時にひとつまみ入れてみたんですが、これがまた激ウマ!!

辛さはあまり強くなく、エビの風味がグッと加わる感じの調味料で、思わず「うんまっ!」って声を出してしまうほど、このスープにマッチしていました。いや、本当に試してみてください。
結構たくさん入れても、そこまで辛くはありません。

 

つづきまして、餃子ですがこちらもまた大変美味でして、
カリッとした餃子というよりは肉汁の旨味を閉じ込めた優しい餃子という感じでした。
(餃子のタレも一緒に出てくるスタイルで、味にこだわりを感じますね。このタレが一番ええねん、的な)

餃子の断面はこんな感じ。伝わりにくいかもしれませんが、肉汁じゅわー系です!

 

また、おまけですが机の上にこんな北海道クリームブリュレのメニュー板が置いてあったので、ラーメンを食したあとに追加注文してみました。120バーツです。

こちらも、安心してください、美味しかったです。

表面のザラメ?みたいな部分はカリッとしていて、カップの底には苺のジュレのようなものがあって味の変化を楽しめる感じでした。
(普段あまりスイーツを食べないので、普通より美味しいのかどうかよくわかりませんでした)

「麺屋一橙@バンコク」の営業時間など

営業時間:11:30-21:30
電話番号:02-250-7669
定休日:なし
URL:http://www.menya-itto.com/aboutus/tenpo/

まとめ

はい、こちらのラーメン屋はバンコクに進出している日本ラーメン店のなかでもトップクラスの味です!
個人的には味のクオリティはプロンポンの「MENSHO TOKYO」さんといい勝負かなという感じ。

ただ、こちら店内がかなり広いので、ほぼ確実に並ばずに入れます。

今回はつけ麺をいただきましたが、次回は他のラーメンにも挑戦したいですね。
価格設定はやや高めですが。。

いろいろ食べて一人で結局689バーツ(約2400円)までいっちゃいましたからね、、、
最後にレシートを載せておきますね。

皆様もぜひ行ってみてください!! 以上、MakiMakiでした!

-タイ

Copyright© Work Life MakiMaki , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.